日経ビジネス 2011/02/28号

特集 「若者は消費しない」の嘘 “従来型商品戦
市場攻略の鉄則 “草食”を逆手に取る

 ライター、カメラ、コンタクトレンズ…。高度成長時代からバブル期までは、様々な製品が“使い捨て化”され、その利便性と低価格によって若者たちに受け入れられてきた。 しかし、今の若年層には使い捨てることに抵抗感を持つ人が多く、「使い捨て商品=消費者にカネを使わせるための企業の策略」と考える者までいる(前ページ「大衆の浪費を刺激する10の戦略」の1参照)。(44〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7831文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「若者は消費しない」の嘘 “従来型商品戦(40〜43ページ掲載)
「若者は消費しない」の嘘 “従来型商品戦略の否定”がヒットを生む
特集 「若者は消費しない」の嘘 “従来型商品戦(44〜48ページ掲載)
市場攻略の鉄則 “草食”を逆手に取る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
update:19/09/24