日経ビジネス 2011/02/28号

技術&トレンド フィーチャー
デジタルフォレンジック(UBIC、AOSテクノロジーズ) 消えたデータを復元する

 大相撲の八百長問題は力士の携帯電話のメールデータを復元したことで発覚したとされるが、デジタルデータ復元技術は企業活動ともかかわりが深い。例えば、企業を舞台に機密情報の漏洩が起きた場合、関係者の携帯電話メモリーやパソコンのハードディスクなどに残るデジタルデータを特殊な方法で保全・解析し、不正行為の痕跡を調査する必要が出てくる。(86〜88ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3705文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
AOSテクノロジーズ
FRONTEO
update:19/09/24