日経ビジネス 2011/02/28号

時事深層
日中「軟実力」格差に活路あり

 2010年の名目GDP(国内総生産)で日本を追い抜き、世界第2位の経済大国となった中国。目覚ましい経済成長の牽引力は、安い労働力と外資との合弁に支えられた爆発的な輸出力とリーマンショック後の景気刺激策を呼び水とした公共事業拡大など、モノ作りを中心とする「ハード」面の力が大きい。 象徴的なのが、交通網の急速な発達だ。(114〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3253文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24