日経ビジネス 2011/04/04号

誤算の研究 企業●前半
三菱重工業(造船・重機械) 低成長の呪縛解けず

 三菱重工業はこの4月から、事業の収益管理体制を大幅に見直した。どう見直したかと言えば、全社で700ある製品の中で、ガスタービンなど売上高の9割程度を占める主力60品を対象に、それぞれの固定資産などを振り分け、収益性がガラス張りで見えるようにしたのである。この見直しの目的はただ1つ。不採算品の撤退を含めて事業構造を抜本的に改革することだ。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4692文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
三菱重工業
update:19/09/24