日経ビジネス 2011/04/04号

誤算の研究 企業●後半
巨艦浮上への3原則 「スリーダイヤ」に安住せず

 三菱重工業は大宮英明社長の改革により、「低成長の呪縛」を断ち切ることができるのか。そのカギを握る人物がいる。大宮社長が今年4月の役員人事で自らの参謀役の社長室長に指名した宮永俊一副社長である。製鉄機械や橋梁など、成熟製品を数多く抱える機械・鉄構事業部門を高収益事業として蘇らせた人物だ。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4677文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
三菱重工業
update:19/09/24