日経ビジネス 2011/04/04号

リポート フィーチャー
買い物系電子マネー戦争 地方を攻める「WAON」

 首都圏での保有率は99%、関西では78%(野村総合研究所調べ)。「Suica」や「Edy」などの電子マネーは完全に定着し、「1人1枚時代」に突入している。日本銀行によると、2009年度の電子マネーによる決済金額は1兆2549億円。野村総合研究所上級コンサルタントの安岡寛道氏は、「まだまだ飽和していない。2〜3年後には2兆円を突破する見込み」と話す。(80〜82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4241文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
【記事に登場する企業】
セブン&アイ・ホールディングス
update:19/09/24