日経SYSTEMS 2011/05号

技術 特別レポート
電力危機への備え、残り1カ月
節電対策だけでは安心できない 電源系統の見直しやシャットダウン短縮化が必須

電力需要のピークとなる夏場を控え、IT現場では電力危機に対する備えが求められている。今のところ節電対策が中心だが、大規模停電や計画停電への対策も無視できない。準備期間はわずか1カ月。自家発電装置の利用を想定した電源確保や、システムのシャットダウン短縮化を急ぐ必要がある。 24年前の夏の日、悪夢は起こった。猛暑の中、昼休みを終えた企業の冷房需要が急増。(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4650文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/25