日経ビジネス 2011/05/09号

特集 電力危機に勝つ 超・節電で変わる設備、操
電力危機に勝つ 超・節電で変わる設備、操業、働き方
日本コカ・コーラ、自販機を輪番で停止

 企業が電力不足への対策を急いでいる。東京電力は今年7〜8月のピーク時の電力需要を5500万キロワットと予測する。火力発電所の再稼働やガスタービン発電機の設置など対策を急ぐが、夏に供給できる最大電力は5000万キロワット強になる見通し(4月中旬時点)。福島第1原子力発電所の穴を埋められず、供給不足は確実だ。(44〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6729文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 電力危機に勝つ 超・節電で変わる設備、操(44〜48ページ掲載)
電力危機に勝つ 超・節電で変わる設備、操業、働き方
特集 電力危機に勝つ 超・節電で変わる設備、操(49〜51ページ掲載)
家庭向け節電ビジネスが拡大 「15%削る」10商品
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24