日経ビジネス 2011/05/09号

時事深層
震災被害最小化する意外な技術

 東日本大震災の影響で、今なお深刻な事態が続く東京電力福島第1原子力発電所の放射能漏れ問題。中でも放射性物質による海洋汚染の拡大に、国内のみならず世界各国は動揺を隠せない。この事態を少しでも抑えようと、福島原発の取水口付近の海中に投入されたのがゼオライトという鉱物だ。 ゼオライトは火山灰が凝固した岩石。(6〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5194文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/09/24