日経ビジネス 2011/05/09号

特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新
大震災を奇貨として どん底からの日本再生

 ある大手商社幹部は、東日本大震災直後の不動産投資市場をこう振り返る。外資系投資銀行などの売買交渉は中断し、海外では日本の不動産投資セミナーが相次ぎ中止になった。 液状化で傾いたマンションや東京湾岸の製油所の火災は、「東京の経済基盤が意外にもろいことが露呈した」(同幹部)。原発問題や電力不足が経済の足かせとなる中、東京の不動産は投資に値するのか。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2610文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(20〜21ページ掲載)
不動産ショック マイホーム・オフィスの新常識
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(22〜27ページ掲載)
プロローグ さらば湾岸、超高層——ある住人の独白
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(28〜29ページ掲載)
命と資産を守る耐震力 あなたの家は大丈夫か
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(30〜31ページ掲載)
住宅業界の新常識 新築依存に決別する時
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(32〜33ページ掲載)
備えあれば憂いなし 我が家のチェック、これだけは気をつけよう
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(34〜37ページ掲載)
オフィス編 「脱・東京」への号砲
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(38〜39ページ掲載)
被災地オフィスの教訓 「安全・安心」で淘汰進む
特集 不動産ショック マイホーム・オフィスの新(40〜41ページ掲載)
大震災を奇貨として どん底からの日本再生
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
update:19/09/24