日経ビジネス 2011/05/09号

識者に聞く マネジメント
復興の経営学 経営創り直しの契機に
ウィリー・シー 米ハーバード大学経営大学院教授 に聞く 世界のモノ作りに日本企業は不可欠

 加護野忠男教授は日本の経営戦略論や経営組織論の研究を牽引してきた。阪神・淡路大震災で被災した経験を持つ教授は、未曾有の大災害をきっかけに、日本企業の抱える問題を直視し、経営を創り直すことを提言する。 目を背けてきた問題を直視して、日本という国や企業を一から創り直す。今回の大震災がもたらした国難を、その転機にしなければならない。(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6121文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24