日経ビジネス 2011/05/09号

世界鳥瞰 寄稿
二分する国際通貨制度改革論

これに対し、筆者はドルにユーロ、人民元を加えた3極体制こそが現実解と主張する。 国際通貨会議の季節がやってきた。3月には中国の南京に各国のリーダーが集まり、為替レートと金利について議論する国際通貨セミナーが開催された。4月初旬には、米ニューハンプシャー州ブレトンウッズに著名な思想家や経済学者、元政治家らが集まった。(96〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3131文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 為替
update:19/09/24