日経メディカル 2011/06号

ニュース追跡
“神の手”訴えられる
左右を誤り脳の正常組織を摘出して四肢麻痺に

脳腫瘍摘出手術で切除部位を誤ったために患者が四肢麻痺となり死亡したとして、脳外科医の福島孝徳氏が提訴された。福島氏は国内外で数多くの難手術をこなし、“神の手を持つ男”として称賛されてきた。 今年4月、名医としてメディアに何度も取り上げられ、多数の著書も持つ脳外科医の福島孝徳氏が、手術ミスにより提訴されたことを全国紙などが報じた。(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1590文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
update:19/09/27