日経メディカル 2011/06号

医療訴訟の「そこが知りたい」
小児が絞扼性イレウスで死亡 医師の検査義務違反を認定

腹痛を訴えて救急車で運ばれた男児の絞扼性イレウスを担当医師が急性胃腸炎と誤診、男児は経過観察中に急死しました。裁判所は、医師が適切な検査を怠った過失があると認定し、病院側に損害賠償の支払いを命じました。事件の概要 2006年2月20日3時45分ごろ、8歳の男児が強い心窩部痛を訴え、数回嘔吐し(茶褐色の吐物含む)、救急車で被告病院に来院した。(123〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3903文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/09/27