日経ビジネスアソシエ 2011/06/21号

ニュースのキーパーソン
是枝裕和(49歳) 映画監督 飽くなき人間観察で世界へ 震災後に問う「家族の絆」

人と人との関係性を鋭く描き続け、世界で高い評価を得ている映画監督の是枝裕和が、家族の絆をテーマにした映画「奇跡」を完成させた。震災の傷が癒えぬ今、人と絆を築くことの大切さを追求したこの作品は、より心に響く。 6月11日全国公開の「奇跡」は両親の離婚で別々に暮らす小学生の兄弟が主人公。兄は母と鹿児島で、弟は父と博多で暮らす。(4〜6ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2774文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > テレビ番組・映画・演劇
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/27