日経ビジネス 2011/07/11号

時事深層
菅退陣政局の底流に世代闘争

 「原子力安全・保安院の独立の方向性を含め、関係する規制機関統合の青写真作りは海江田万里・経済産業相にはやりにくい仕事だ。私が担当する」 6月29日、東京・内幸町の東京電力本店。福島第1原子力発電所事故の収束と再発防止の担当相に就いた細野豪志は政府・東電統合対策本部の記者会見に従来通り出席、経産省の組織分割など原子力行政改革に力を込めた。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3248文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24