日経ビジネス 2011/07/11号

特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる
田中伸男 国際エネルギー機関(IEA)事務局長インタビュー 今が政策再考の好機

 問 福島第1原子力発電所の事故を機に、日本では原発推進に逆風が吹いている。国内で始まったエネルギー政策の見直し議論を、どう見ているか。 答 福島第1原発事故は残念な出来事だが、それを日本のエネルギー政策を見直す良い機会と捉えるべきだ。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3035文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる(22〜23ページ掲載)
エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる日
特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる(24〜25ページ掲載)
日本は原発に依存してきた
特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる(26〜29ページ掲載)
日本を襲う電力危機 「全原発停止」の波紋
特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる(30〜35ページ掲載)
電力危機回避の処方箋 「電力の常識」と決別
特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる(36〜39ページ掲載)
革新を促す政策投入 電力自由化への覚悟
特集 エネルギー総選挙 電力の政権交代が起きる(40〜41ページ掲載)
田中伸男 国際エネルギー機関(IEA)事務局長インタビュー 今が政策再考の好機
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
国際エネルギー機関(IEA)
update:19/09/24