日経レストラン 2011/08号

お客の心は言葉で掴め 竹内謙礼のマル秘キ
食べる前に「おいしそう」と 感じさせるのがキャッチコピー

 お客はどういうときにお店に入り、料理を頼むのか。それは、「このお店の料理はおいしそうだ」と感じたときだ。口にする前から「おいしそうだ」と感じてもらえなければ、どんなにおいしい食材を使い、どんなに味わい深い料理を作ったとしても、お客がそれを食べることはない。 だから、お店側は必ずお客に「伝える」ことを意識して、店作りをしなくてはいけない。(62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1527文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27