日経ドラッグインフォメーション 2011/09号 別冊

医師が語る 処方箋の裏側
「涙が多く出て困る」患者に ドライアイ薬を使う理由

鈴木聡子さん(仮名、45歳)は診察室に入るなり、「とにかく涙目がひどいんです」と訴えた。頻繁に涙を拭き取るために、眼周囲はただれていた。既に他院で抗菌点眼薬やヒアレイン(一般名ヒアルロン酸ナトリウム)を処方されたが効かず、当院を受診したという。 鈴木さんの涙液を検査したところ、普通は10秒以上あるBUT(涙液層破壊時間)値が、両目とも2秒と異常に短かった。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:934文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27