日経ドラッグインフォメーション 2011/10号 別冊

患者指導ワンポイントレッスン
Lesson 1    乳幼児の坐薬の入れ方

 経口薬の服用が難しい乳幼児には、解熱薬、抗痙攣薬、吐き気止めなどの坐薬が頓用でよく処方される。保護者が坐薬の扱いに慣れていない場合も多いので、薬剤師が前もって不安な点などを聞き出し、説明しておくことが重要である。挿入方向の確認を 指導では、まず坐薬の挿入方向を確認する。(15〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1750文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27