日経SYSTEMS 2011/11号

特集1 クライアント端末 マルチ化の処方箋
PART4 Windows 7移行 やってはいけない
XPのときとは勝手が違う アプリ移行はハードル高い

 「Windows XPを使い続けている企業は、Windows VistaをスキップしWindows 7に移行することになる。Vistaをスキップするのでハードルが上がる」。Windows 7への移行サービスを手掛ける、大塚商会の板垣 智和氏(技術本部 システム技術部門 テクニカルソリューションセンター MSソリューション課 課長)はこう警鐘を鳴らす。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6679文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 クライアント端末 マルチ化の処方箋(17ページ掲載)
クライアント端末 マルチ化の処方箋
特集1 クライアント端末 マルチ化の処方箋(18〜21ページ掲載)
PART1 クライアント戦略の見直しは待ったなし
特集1 クライアント端末 マルチ化の処方箋(22〜27ページ掲載)
PART2 iPad導入、リーダー奮闘記
特集1 クライアント端末 マルチ化の処方箋(28〜31ページ掲載)
PART3 クライアント仮想化の勘所
特集1 クライアント端末 マルチ化の処方箋(32〜35ページ掲載)
PART4 Windows 7移行 やってはいけない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > その他(携帯電話・モバイル情報端末)
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/25