日経ビジネス 2011/10/31号

心と体 診察室●パーソナル
3D映像の安全な楽しみ方 半田 知也[北里大学(相模原市南区)医療衛生学部視覚機能療法学]

 3D(3次元)テレビの購入を検討しているKさん(42歳)。「3D映像は目が疲れるのでは」という友人の言葉を聞いて、少々不安を感じている。 「3D元年」と言われた2010年以降、映画の公開をはじめ、家庭用の3Dテレビも発売され、ハードウエアも少しずつ充実してきている。今後ますます普及すると予想される3D映像。(118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1277文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24