日経エレクトロニクス 2011/10/31号

インサイド
医療や健康に注力のPhilips 可視光や超音波を駆使

 オランダの首都アムステルダムから南へ約120kmにある都市、アイントホーフェン。今から120年前の1891年、オランダRoyal Philips Electronics社はこの地で白熱電球の製造を始め、欧州を代表する電機メーカーへと歩み出した。 創業当時、人口がわずか4500人程度だったアイントホーフェンはその後、同社の「企業城下町」として大きく発展する。(21〜24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5624文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > レーザー関連技術
【記事に登場する企業】
蘭ロイヤルフィリップス社
update:19/09/26