日経エレクトロニクス 2011/10/31号

NEアカデミー ETロボコンの事例で学ぶ モデル活用の効能
最終回 モデルで定義不足の部分が ソースの安定性を下げる
最終回 参加チームの事例?

2010年の「ETロボコン」参加チームの事例紹介第3弾となる今回は、モデルの設計品質が平均的な水準で、ソース・コードの保守性が平均よりも低かったチームの事例を取り上げる。このチームの成果物を詳しく調べると、モデルの設計であいまいだった部分が、ソース・コードの実装で問題になっている様子が浮かび上がってきた。(148〜154ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7148文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
update:19/09/26