日経Linux 2011/12号

特集3 激安ミニノート&タブレット改造
Part3 改造ファームウエアの導入
複数の改造ファームウエアが存在 見栄えやアプリ構成にそれぞれ特色

有志が作成する改造ファームウエアを導入すれば、root権限奪取やAndroidマーケット対応などを1度に実現できます。複数の改造ファームエアが開発されており、それぞれ見栄えや構成アプリケーションなどが異なります。 インターネットの「SlateDroid.com」や「TechKnow」といった掲示板には、WM8650搭載タブレットやミニノート向けの改造ファームウエアが複数公開されています。(78〜82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6553文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 激安ミニノート&タブレット改造(71ページ掲載)
5000円のAndroid機で遊び放題!
特集3 激安ミニノート&タブレット改造(72〜73ページ掲載)
Part1 WM8650搭載「中華Pad」の特徴
特集3 激安ミニノート&タブレット改造(74〜77ページ掲載)
Part2 標準ファームウエアの環境整備
特集3 激安ミニノート&タブレット改造(78〜82ページ掲載)
Part3 改造ファームウエアの導入
特集3 激安ミニノート&タブレット改造(83〜86ページ掲載)
Part4 Linuxディストリビューションを使う
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > Windowsノートパソコン・タブレットPC
update:19/09/25