日経SYSTEMS 2011/12号

特集1 セキュリティ攻撃 狙われた現場
PART1 攻撃に遭うと現場はこうなる
担当者は動揺し対処遅れる すぐにシステム復旧できない

 ソニーは今年4月から5月にかけて、個人情報の漏洩事件としては過去最悪の規模の1億件を超える個人情報がグループ全体で流出した可能性があると発表した。9月には、三菱重工業のPC端末やサーバーがウイルスに感染したことが明らかになった。外部から遠隔操作された形跡があるという。 国会議員の機密情報も狙われた。(28〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10191文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 セキュリティ攻撃 狙われた現場(27ページ掲載)
セキュリティ攻撃 狙われた現場
特集1 セキュリティ攻撃 狙われた現場(28〜34ページ掲載)
PART1 攻撃に遭うと現場はこうなる
特集1 セキュリティ攻撃 狙われた現場(35〜39ページ掲載)
PART2 ユーザーに聞く、注目製品の導入効果
特集1 セキュリティ攻撃 狙われた現場(40〜45ページ掲載)
PART3 標的型攻撃への対処法
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/25