日経SYSTEMS 2011/12号

コラム 水谷由可里のオフショア開発奮闘記
第3回 相手先に出向き 中国語で話しかけよう

 オフショア側とのやり取りに、ビジネス上は日本語を用いている。しかし、初対面での挨拶や会議のブレークタイムなどには、片言でもよいから中国語で話しかけたいものだ。それによって、緊張した場の雰囲気が一気に和らぐからである。キックオフのときに中国語で自己紹介しようものなら、拍手喝采を浴び、一躍人気者になれる。(105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2077文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/25