日経レストラン 2011/12号

図解で学ぶ計数管理
時間に注目すれば利益は増える

「タイム・イズ・マネー」という言葉もあるように、時間と収益には密接な関係がある。飲食店スタッフのあらゆる作業について、時間を短くできないか、その作業自体を無くせないかと考えることで、効率化が進む。不要なコストを減らした分だけ、利益は増える。 コストを削減するうえで、有効な切り口の一つが、「時間」に注目することだ。(56〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1614文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27