日経ビジネス 2011/12/05号

特集 スマートシティ 3つの落とし穴 日本企業が商機を逃す理由●前半
スマートシティ 3つの落とし穴 日本企業が商機を逃す理由

 中国広東省の省都である広州市の中心部からクルマで30分。蘿崗(らこう)区と呼ばれる農村部の一角に、周囲の風景とは場違いな建設中の建物が立ち並ぶ。市政府が農村住民向けに用意している高層マンションだ。ライチ園や野菜畑が広がる同地区は間もなく、近代的な研究開発都市へと生まれ変わる。中国とシンガポールの国家共同プロジェクト「中新広州知識城」である。(46〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6279文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 スマートシティ 3つの落とし穴 日本企業が商機を逃す理由●前半(46〜50ページ掲載)
スマートシティ 3つの落とし穴 日本企業が商機を逃す理由
特集 スマートシティ 3つの落とし穴 日本企業が商機を逃す理由●後半(51〜55ページ掲載)
勝ち組に見る必勝戦略 「急がば回れ」が勘所
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(建設・不動産関連のエコロジー)
update:19/09/24