日経ビジネス 2011/12/12号

時事深層 渦中のひと
清武 英利 読売巨人軍前代表の告白 “個人商店経営”は許さない

 差し出された名刺には「清武英利」とだけ記されていた。読売巨人軍の専務取締役球団代表兼GM(ゼネラルマネジャー)・編成本部長・オーナー代行という肩書は、11月18日に剥奪された。 「清武の乱」。11月11日に、渡邉恒雄・読売新聞グループ本社会長・主筆の人事介入を告発し、解任された。さらに球団は清武氏に対して、名誉毀損による1億円の損害賠償を求め提訴。(14〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2955文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
東京読売巨人軍
update:19/09/24