日経ビジネス 2011/12/19号

時事深層
テレビ戦争「第二幕」

 世界の家電メーカーは、果てしなく続くテレビの価格競争から脱出しようともがき始めた。「このままでは勝者なき消耗戦に突入してしまう」と判断。競争の新機軸を打ち出している。 それにしても、過酷な戦争だった。最初に白旗を揚げたのはパナソニック。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1536文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ*
update:19/09/24