日経ホームビルダー 2012/02号

今月のニュース
二級の設計製図試験で作業増加へ

 建築技術教育普及センターは昨年12月1日、二級建築士試験と木造建築士試験の内容を見直すと発表した。設計製図試験で受験者に作成させる図書量を増やしたり、設計の自由度を拡大したりする。設計課題の建物について、用途をより一般的にしたり規模を縮小したりするなど受験者の負担にも配慮し、難易度や合格率の変動を抑える方針。見直し後の試験は今年から実施する予定だ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:844文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
建築技術教育普及センター
update:19/09/27