日経ホームビルダー 2012/03号

今月のニュース
住宅など22カ所で汚染砕石を使用

 福島県二本松市内に建つ集合住宅の基礎コンクリートなどから、周囲より高い放射線量が検出されたことをきっかけに、建材の放射能汚染不安が広がっている。枝野幸男経済産業大臣は2月7日、砕石と砂利の出荷基準を3月中に策定すると発表した。福島県内で比較的放射線量の高い所が、対象地域となる見込みだ。 放射線量が高い原因は双葉砕石工業(福島県富岡町)が出荷した砕石だ。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:978文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/27