日経ホームビルダー 2012/03号

特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社
高まる重圧、変わる争点
Part1 欠陥問題の12年

 田んぼに盛り土した造成地に欠陥住宅を大量に建てて分譲した挙げ句、第三セクターが倒産──。「秋住事件」がクローズアップされたのは1998年だった。本誌の創刊は翌99年7月。その翌年には主要構造部と雨漏りの瑕疵担保期間10年を義務化する住宅品質確保促進法や性能規定の導入を盛り込んだ改正建築基準法の施行を控え、住宅会社の経営環境は劇的に変わろうとしていた。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1012文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社(26〜27ページ掲載)
揉めたらこうなる!
特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社(28〜29ページ掲載)
高まる重圧、変わる争点
特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社(30〜33ページ掲載)
焦点は「基本的な安全性」の判断基準
特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社(34〜37ページ掲載)
液状化被害でも責任を問われる?
特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社(38〜41ページ掲載)
重過失だと保険金は受け取れない
特集 揉めたらこうなる!欠陥紛争、追い込まれる住宅会社(42〜45ページ掲載)
揉めごとを未然に防ぐ策こそ重要
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:19/09/27