日経レストラン 2012/03号

繁盛食材
チリポーク
価格が3割安く質が安定 調理人の腕が生きる味わい

※「アンデス高原豚」はチリポークの代表的なブランド名。日本での販売元は、日本ハム(食肉事業部輸入食肉事業部フローズンポーク部) 食材原価の圧縮が課題になる中、豚肉ではチリポークの注目度が上がっている。元々、輸入豚肉は国産品より安価。取引条件にもよるが、チリポークなら、国産品より3割ほど安く仕入れられる。(77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1428文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/27