日経コンピュータ 2012/04/12号

寄稿 クラウドのデータベース
GoogleクラウドにRDB登場 NoSQLに比べ移行が容易
クラウドのデータベース

クラウドの活用ではデータストアの選択がポイントの一つだ。主な選択肢は、従来のRDBおよびNoSQLである。どちらにも、得意・不得意な処理がある。Googleがクラウドサービスとして提供する従来型RDBとNoSQLについて、業務・基幹系での利用を前提に、機能や使い勝手を比較した。サイバースペース清野 克行サイバースペース代表。慶應義塾大学工学部電子物理専攻卒。(90〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7333文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > その他(WANサービス)*
update:19/09/24