日経コンピュータ 2012/04/12号

Report
JAXAの宇宙科学研がHadoop採用 衛星データの更新時間を9分の1に

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所が、オープンソースソフトウエアの分散バッチ処理ソフト「Hadoop」を採用した情報分析システムの構築を進めている(図)。 第一弾として、2011年12月に日立製作所が分散処理システム向けに開発したブレードサーバー「HA8000-bd/BD10」を8台導入。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1011文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
【記事に登場する企業】
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
update:19/09/24