日経ソフトウエア 2012/07号

特集2 プログラミングの「壁」突破法20 Introduction
なぜ壁を越えられないのか

 プログラミングの入門書を読んで、そこに載っているサンプルプログラムの内容をおおよそ理解できるようになった。さらに、自分のパソコンに開発ツールをインストールして、サンプルプログラムを入力して実行できるようになった。でも、それ以上なかなか進むことができない——。プロブラミング初級者の方で、こうした“頭打ち”感を抱いている人はいませんか。(49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1578文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 プログラミングの「壁」突破法20(48ページ掲載)
プログラミングの「壁」突破法20
特集2 プログラミングの「壁」突破法20 Introduction(49ページ掲載)
なぜ壁を越えられないのか
特集2 プログラミングの「壁」突破法20 ステップ1(50〜57ページ掲載)
「幅と深み」「データ視点」で初級脱出!
特集2 プログラミングの「壁」突破法20 ステップ2(58〜77ページ掲載)
弱点を克服して“壁”を越える
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/25