日経トップリーダー 2012/06号

私の知恵袋 第13回 木村技研
兄弟で攻めと守りを分担 一気通貫で節水型トイレを普及
木村技研

 駅や商業施設、オフィスビルなどで目にする機会が増えた「節水型トイレ」。最新型は人感センサーで使用時間を計測、大便と小便の利用を自動識別し、水量を細かく調整する。木村技研(東京・世田谷)はこの節水型トイレのメーカーで、節水システムでは国内で7割のシェアがあるという。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2011文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
木村技研
update:19/09/24