日経ホームビルダー 2012/07号

特集 失言から考えるイマドキの顧客
失言から考える イマドキの顧客

ちょっとした口癖や軽口、良かれと思って口にした言葉──。顧客とのコミュニケーションの中で、家づくりのプロが発した何気ない言葉が、深刻なトラブルを招くケースがある。どこに落とし穴があるのか、具体例を通じて「イマドキの顧客」との付き合い方を考えてみる。こうしたトラブルを回避するための着眼点や取り組みも紹介する。(35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:237文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 失言から考えるイマドキの顧客(35ページ掲載)
失言から考える イマドキの顧客
特集 失言から考えるイマドキの顧客(36〜40ページ掲載)
顧客が怒ったそのわけは?
特集 失言から考えるイマドキの顧客(41〜46ページ掲載)
失敗の多くは事前回避できる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
update:19/09/27