日経トップリーダー 2012/08号

破綻の真相 ベリーズ
 「新鮮な売り場」を維持できず 進化できなかった製造小売り
ベリーズ 子供服の製造・販売

 7月初旬、仙台市内の子供服店「ベリーズ・ベリー」に足を踏み入れると、陳列中の商品数は少なめで、どことなく寂しい雰囲気が漂っていた。 「昔は毎週のようにカラフルで多種多様な新商品が発売され、店内にも活気があった。次第に新商品の数が減り、売り場に新鮮さがなくなっていった」と、元店員は言葉を詰まらせる。(82〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2983文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > その他(ファッション・衣料)
update:19/09/24