日経ホームビルダー 2012/10号

特集 耐震・制震・免震、13の疑問
法的な扱いや配置を理解して選ぶ
制振

公的な物差しがないため製品の比較や効果が比べにくく混乱しがちな制振装置。誤った認識のまま導入すると、期待していた効果が発揮できないことにもなりかねない。家づくりの設計思想に適しているかなど、導入前に吟味しておきたい。疑問5耐力壁としたい壁の位置に制振装置を配置できる? 制振装置は、建築基準法の告示といった公的な物差しはない。(37〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3317文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 耐震・制震・免震、13の疑問(33ページ掲載)
耐震・制振・免震 13の疑問
特集 耐震・制震・免震、13の疑問(34〜36ページ掲載)
耐震性能が不足する落とし穴
特集 耐震・制震・免震、13の疑問(37〜41ページ掲載)
法的な扱いや配置を理解して選ぶ
特集 耐震・制震・免震、13の疑問(42〜44ページ掲載)
細かい事前準備が導入の要
特集 耐震・制震・免震、13の疑問(45〜49ページ掲載)
良いと思ったら 先取り精神で免震も採用
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > その他(施工)
建設・不動産 > 住宅・施設向け防犯・防災 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・施設向け防犯・防災
update:19/09/27