日経ホームビルダー 2012/12号

今月のニュース
既製合板にヒラタキクイムシ対策

 合板加工会社のアラセ(大阪府松原市)は、流通している既製のラワン合板にヒラタキクイムシの防虫処理を施す技術を3年掛かりで開発。10年間の防虫補償保険を付けた「防虫大臣」という商品を11月から売り出した。社長の荒瀬幸雄さんは「日本農林規格(JAS)の防虫処理合板を使うより、価格を約2割抑えられる。防虫補償期間もJAS製品の5年間より長くした」と胸を張る。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:810文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
アラセ
update:19/09/27