日経レストラン 2012/12号

土壇場の経営学 No.44
中国への出店。やめておくべきか?
現地の人に喜ばれたい そう思える場所で頑張るべき 政治の問題は関係ない

 サイゼリヤが海外に進出したのは9年前の2003年。進出先に選んだのが、中国・上海だった。 上海の1号店は最初の1カ月間の売り上げが、その月の家賃さえも下回るというあり様だったが、今では上海と広州を中心に海外で126店舗(2012年8月末)を展開している。ちなみに、中国での店名は「薩莉亜」(読み方はサリア)だ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2178文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
サイゼリヤ
update:19/09/27