日経レストラン 2012/12号

特集 2013年外食大予測
提言 ……5今後有力な業態は? リーズナブルな食事業態で ディナー客の減少に備える

 今後大きなトレンドになると予想しているのは、食事ニーズに対応できる業態です。景気が悪くなれば、多くの人は、夜飲みに行く回数を減らすので、居酒屋などのディナー業態は影響を受けやすい。一方で、掛ける金額は減らしても、1日の食事の回数を減らす人は少ない。大手も含めて食事業態に参入する流れは今後も強まると思います。 我々も例外ではありません。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2775文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 2013年外食大予測(14〜15ページ掲載)
2013年外食大予測
特集 2013年外食大予測(16〜17ページ掲載)
最大の敵はコンビニに 競争は新次元に突入
特集 2013年外食大予測(18〜19ページ掲載)
提言 ……1消費者心理はどう変わる? 家で食べられるものに お金を使わなくなる
特集 2013年外食大予測(20〜21ページ掲載)
提言 ……2際立つ個性を確立するには? 狙っていないお客から クレームが出る店にする
特集 2013年外食大予測(22〜23ページ掲載)
提言 ……3地域の一番を目指すには? 自分の店でしか 提供できない価値を作れ
特集 2013年外食大予測(24〜25ページ掲載)
提言 ……5今後有力な業態は? リーズナブルな食事業態で ディナー客の減少に備える
特集 2013年外食大予測(26〜27ページ掲載)
提言 ……7健康、美容ブームは続く? イメージ先行のブームは終わり 科学的根拠が不可欠になる
特集 2013年外食大予測(28〜29ページ掲載)
トレンド予想
特集 2013年外食大予測(30〜31ページ掲載)
トレンド予想
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
グッドスパイラル
ディーアール
update:19/09/27