日経レストラン 2012/12号

百年の店、百年の言葉 最終回 ソラシオ
ソラシオ
お客様は笑顔か、厨房からのぞき見しています

 ついにこの連載は最終回を迎えることになった。今回のレストランのオーナーはわたしの親友、高橋治之である。汐留の天空に浮かぶがごとき店ゆえ、「ソラシオ」という。高橋自らが命名した。夜景の美しさは世界一である。 よくここに若いカップルが訪れる。絶景を眺めながら、男は交際や結婚を申し込むらしい。成功率は98%だそうだ。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1374文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27