日経エネルギー 2013/01号

特集2 リチウムイオン蓄電池
特集2 リチウムイオン 蓄電池 日本は材料で先頭走る

もともと日本で開発され、世界をリードしてきたリチウムイオン電池。ただ世界シェアを見ると、2011年に韓国メーカーに抜かれた。このままでは半導体や液晶パネルの二の舞になる。そうはさせまいと、車載用や定置用などで日本勢が巻き返しを狙う。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:185文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 リチウムイオン蓄電池(71ページ掲載)
特集2 リチウムイオン 蓄電池 日本は材料で先頭走る
特集2 リチウムイオン蓄電池 (再録)(72〜75ページ掲載)
リチウムイオン蓄電池 日本は材料で先頭走る(2)
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
update:18/07/24