日経エネルギー 2013/01号

ENERGY REPORT (再録)
シェール革命、安保にも波及 現実味帯びる米国のエネルギー自足自給

地中の頁岩層から産出されるシェールガスの開発によって、米国は天然ガスの一大産出国に変貌した。供給が大幅に増えたため米国の天然ガス価格は急落。2008年秋のリーマンショック以前は100万BTU(英国熱量単位)当たり6〜14ドルで推移していた天然ガス価格が、現在は同3ドル前後に下がっている。(17〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2820文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
第一次産業・エネルギー事業・水事業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
update:18/07/24