日経エネルギー 2013/01号

ENERGY REPORT (再録)
シャープがシースルー太陽電池を発売 遮熱と発電を両立する「省エネ・ガラス」

シャープは、シースルーの薄膜Si型太陽電池モジュール「NA-B095AA」を、2012年10月1日に発売した(図1)。窓やベランダの手すり、ひさしなどに適用すれば、直射日光の一部をカットして遮熱しながら発電する省エネ・ガラスとして使えるとする。 これまで太陽電池は、建物の屋根や地上に設置する用途が中心だった。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1505文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > ガラス・セラミックス
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
ビズボードスペシャル > 素材 > ガラス・セラミックス
【記事に登場する企業】
シャープ
update:18/07/24