日経エネルギー 2013/01号

ENERGY REPORT (再録)
温暖化対策で人材評価制度 7段階でキャリア育成

今年度立ち上がるのは、温暖化対策の業務能力を全国統一基準に基づいて評価する「キャリア段位制度」。成長分野での人材育成を目指すもので、省エネや温室効果ガスの排出削減、排出量取引などを助言したり、実践したりする人材を「カーボンマネージャー」と呼び、7段階で“実力”をランク付けする。 新制度は若者の雇用対策と経済成長戦略の両面から検討してきた。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1787文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:18/07/24